消費者金融会社や信販会社などの複数のところからカードローンの借入をしている場合に、それらの借り換えをして一本化することで、利息の負担を軽減したいのであれば、大手の銀行の窓口で相談してみるのが良いです。銀行のカードローンは、消費者金融会社や信販会社と比べて金利が低くなっていることが多いです。そのため、借り換えのメリットが大きいのです。

銀行では、他の負債がなくなることを前提に審査をします。借入は増加しないのですから、審査ではプラスになります。限度額は、既存の借入の金額と同額あるいは少しだけ多い金額にします。無用な限度額を設ける必要はありません。限度額を増やすのであれば、借入の一本化をして、利息負担を軽減して、借入の返済が計画的に実施できるようになってからでも遅くはありません。

銀行は親身になって相談に応じてくれます。多重債務者を救済するのは難しいですが、そのような状態になっていない段階で相談して、計画的な借りれ返済をすることに対しては、銀行は協力的ですので、銀行は敷居が高いなどと不安になる人も少なくありませんが、まずは相談してみるべきです。

相談は無料ですので、仮に相談した結果、全額の借り換えができなかったとしても、一部でも可能であれば、それだけでもメリットがあると言えます。大手の銀行の方が、カードローンの商品性では中小の金融機関よりも上回っていることが多いので、相談するのであれば大手が良いようです。

 

来店不要や即日融資が普通の今、最も注目なのが在籍確認なしです

消費者金融のキャッシングがここまで人気になっているのは、安全性と便利さと顧客サービスの充実だと思います。かつてのサラ金とは違って、今じゃ利息制限法という法律によって利息の上限が決められていますし、総量規制によって借り過ぎないように制限されていますから、安心して利用できるんです。

来店不要や即日融資などのサービスは当たり前になってますからね。来店不要というのは、近所のコンビニのATMを利用して借りたお金を引き出せるってことです。即日融資っていうのは申し込んだその日のうちに、お金を借りることができるということです。今時、これらのサービスは普通です。

これら以外に私が最も注目してるのは、モビットのWEB完結申込なんです。これはインターネットを利用して申込みをすれば、書類審査だけで手続きは全部完了するというサービスなんですよ。どういうことかというと、自宅に郵便物は届かないのです。ネットで契約書などは発行されるんです。

もっと注目すべきなのは、在籍確認がないってことなんです。これは申込み本人が本当に会社に在籍しているかどうかをキャッシング会社が電話で確認することなんですが、これがないのは今のところモビットだけなんですよ。

 

サラ金からの借金体験談

現在は、消費者金融業者と呼ばれていますが、私が利用した時にはサラ金(消費者金融)と呼ばれていました。今よりも取り立てが厳しく、絶対に返済を遅れないようにと気をつけていた記憶があります。そもそも、私がサラ金からお金を借りた理由は、大学に入学してからハマったギャンブルにありました。今まで興味のなかったパチンコや競馬、競艇などありとあらゆるギャンブルを行いました。

ほとんどの場合は負けてしまうのですが、たまに勝つことがありました。その勝った時の快感を忘れることが出来ずにまたギャンブルを繰り返すということを約2年間行いました。借りては返し、返しては借りるということを繰り返す内、どんどん借金額は増えていきました。自分ではどうしようも出来なくなり、結局は両親に相談し、全額肩代わりしてもらいました。

そのことをきっかけに、全てのギャンブルを止めました。最初は、ギャンブルをしたくて我慢することが出来ずに、誘惑に負けそうになることもありましたが、カウンセリングを受けることでギャンブルから離れることが出来ました。両親が肩代わりしてくれた分は、社会人になったと同時に返済し始めました。もう少しで完済することが出来そうです。